女優

三浦透子の本名と兄弟や高校大学は?代表作や演技と歌はうまい?下手?

みなさん、こんにちは。マロです。

新海誠監督の「天気の子」の主題歌にRADWINPSが決定していました。

「君の名は。」の主題歌「前前前世」も大ヒットしたので、今回も大ヒットとなりそうですね。

しかも今回は三浦透子さんと言う女性ボーカルも参加しているようです。

今日は、三浦透子さんの本名と兄弟の有無、高校や大学などの経歴や代表作、演技や歌唱力の評判について調べてみました。

三浦透子さんの本名やプロフィールは?

出典:三浦透子|ユマニテ

  • 名前:三浦透子(みうら とうこ)
  • 誕生日:1996年10月20日
  • 出身地:北海道
  • 身長:157cm
  • 体重:不明
  • 趣味:音楽鑑賞
  • 特技:ルービックキューブ

三浦透子さんは本名かどうかですが、決定的な情報は見つかりませんでしたが、本名の可能性が高そうです。

出身高校や大学は?

三浦透子さんの高校や大学の情報は残念ながら見つかりませんでした。

北海道出身ですが、高校や大学は東京都の学校に通われていた可能性が高いです。

兄弟や家族は?

三浦透子さんの兄弟や家族の情報はありませんでした。

SNSも行なっていないようなので、プライベートが謎に包まれていますね。

三浦つながりで三浦大知さんと兄弟?と言う噂もあるようですが、彼は沖縄出身のため、全くのデマのようです。

三浦透子さんの代表作は?

三浦さんは6歳から芸能活動を行なっていますが、女優としてはメジャーな作品よりかは、コアなファンに愛される作品に出演されています。

歌手としての代表作の方がご存知の方が多いかもしれませんね。

2代目なっちゃん

三浦透子さんのデビュー作はCMのなっちゃんです。

田中麗奈さんのCMが話題になりましたが、2代目の三浦さんは子供の可愛さが溢れるCMとなっています。

「私たちのハァハァ」 文子


2015年9月公開の映画「私たちのハァハァ」は、福岡県北九州市の片田舎に住む女子高生四人が、大ファンの若手ロックバンド“クリープハイプ”のライブのために東京に自転車で向かう青春ストーリーです。

三浦さんは四人の女子高生の一人である文子の役を演じています。

「月子」 月子

父を亡くし、生きる場所を失った青年・タイチと出会う知的障害をもつ女性・月子の役を三浦透子さんが演じています。

「21世紀の女の子」『君のシーツ』


2019年2月に公開された映画で、15名の新進監督が、全篇に貫かれた共通のテーマを、各々の地点から、8分以内の短編で表現し、1本のオムニバス作品として制作されています。

三浦透子さんは、本作の『君のシーツ』で主演を演じています。

「あの日のオルガン」 山岡正子

2019年2月公開の作品で、三浦さんは戸越保育所保母の一人である山岡正子を演じています。

太平洋戦争末期、20代を中心とした若手保母たちが、子どものいのちを守るため、53人の園児を連れ、幾多の困難を乗り越え、託されたいのちを守りぬこうとするヒロインたちの奮闘を描いた真実の物語です。

Romance ~サヨナラだけがロマンス~

2015年公開の映画「ロマンス」のEDを三浦さんが担当されています。

映画には出演されていないのですが、タナダユキ監督が彼女の歌声に惚れ込み、オファーしたそうです。

おかあさんへ

この曲の三浦さんの歌声を間違いなく聴いたことがあるはず!というのも、「ミノン」のCMソングなのです。


むしろ知らない人の方が少ないかもしれませんね。

演技はうまい?下手?

三浦さんの演技の評判は高いようです。

月子の役など難しい役も見事に演じきっており、存在感があると言う声が多くあります。

歌はうまい?下手?

三浦透子さんの歌声に惚れ込む方が続出しているようです。

まとめ

三浦透子さんの本名と兄弟の有無、高校や大学などの経歴や代表作、演技や歌唱力の評判をまとめてきましたがいかがでしたか?

彼女の歌声を聴く機会がどんどん増えそうですね!

ミステリアスな三浦透子さんの活躍をぜひ応援しましょう。