ニュース

門田隆将はネトウヨでヤバイ?評価や経歴は?結婚や子供は?著書の評判も!

こんにちは。マロです。

映画Fukushima50と言えば、東日本大震災時の福島第一原発に関わった50人の方々を描いた作品です。

その原作『死の淵を見た男―吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日』は、門田隆将さんの著書でもあります。

ノンフィクション作家でもある門田さんですが、どんな方なのでしょうか?

ネトウヨ?という噂もあるようです!

今日は、門田隆将はネトウヨでヤバイ?評価や経歴は?結婚や子供は?著書の評判も!というタイトルでお届けします!

上橋菜穂子の出身大学や高校は?経歴や人気の理由とおすすめ作品もどーも、マロです。 「鹿の王」がアニメ映画化されることが発表されましたね。 2015年の本屋大賞を受賞した本作品は、「精霊の...

門田隆将の経歴は?

出典:株式会社ブレーン

  • 名前:門田隆将(カドタ リュウショウ)
  • 生年月日:1958年6月16日
  • 出身地:高知県安芸市

本名は、門脇 護(かどわき まもる)というそうです。

私立土佐高校、中央大学法学部政治学科卒業後、新潮社に入社し、週刊新潮編集部で、記者、デスク、次長、副部長を経験されます。

その後、2008年4月に独立され、その年の7月に、独立第1作目として光市母子殺害事件の9年間を描いた『なぜ君は絶望と闘えたのか—本村洋の3300日』を発表されます。

2009年7月、自身初の歴史ノンフィクションとなる『康子十九歳 戦渦の日記』を文藝春秋から出版し、翌年、2010年4月、陸軍中将・根本博の知られざる生涯を描いた『この命、義に捧ぐ―台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡』を集英社から出版しています。

2012年には、福島第一原発の未曾有の大事故を当事者たちの実名で綴ったノンフィクション『死の淵を見た男―吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日』を出版。

以降、数多くの作品を世に送り出しています。

スポンサーリンク

門田隆将はネトウヨでヤバイ?評価は?

門田さんがネトウヨ・・・みたいな噂があるようですね。

あなたはどう思うか教えてください!

門田隆将はネトウヨ?

著名人からもネトウヨと認定されているようです。

 

一般人の方からもネトウヨ作家と呼ばれているようです。

 

なんでかな?と思って調べたのですが、門田さんのツイッターで、割と政治について呟いているので、門田隆将=ネトウヨという式が出来上がっているようです。

ブログも月に一度更新していますが、その内容も政治に関する話題が多いようです。

スポンサーリンク

門田隆将は結婚している?子供は?

門田さんは既婚者でした。

出典:くにまるジャパン極み

 

上の写真では指輪をしていないようですね。

結婚していないの?ともう少し調べてみたところ、公式ブログにこんな記載が。

私が出版社勤務の頃から丸山弁護士と川奈さんには大変お世話になった。お二人は、私のことを独身だと思い込んでいたようで、若い時に、お二人に「お見合い」をさせられたこともある。私は結婚指輪というものが嫌いで、それをつけたことがないので、おっちょこちょいのお二人は小生を独り身と誤解して、お見合いの場を設定してくれたのだ。

出典:「書くこと」の喜び

結婚指輪をしないタイプの男性のようです。

2009年の記事なのでその後、離婚されているかもしれませんが、情報は今のところ無いようです。

残念ながらお子さんの情報を現時点では見つけることはできませんでした。

また情報入手したら更新します!

スポンサーリンク

門田隆将の著書の評判は?

門田さんの著書について、あなたの評価をおしえてください。

門田隆将の著書の評価は

映画の効果もあって、『死の淵を見た男―吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日』が人気のようですね。

 

 

『新聞という病』も人気があるようです。

 

スポンサーリンク

まとめ

門田隆将はネトウヨでヤバイ?評価や経歴は?結婚や子供は?著書の評判も!というタイトルでお届けしてきました。

ネトウヨ作家って言われていますが、綿密な取材により描かれている著書は人気があるようですね。

最後までお読みいただきありがとうございました!