ニュース

れいわ新選組は革マル派?中核派?支持率や極左暴力集団との関係は?

みなさん、こんにちは。マロです。

2019年夏の参議院選では、れいわ新選組がメディアを賑わせていますね。

クラウドファンディングで活動費を募ってみたり、twitterやyoutubeなどのSNSも積極的に活用しており、若者の目に触れやすい選挙活動を行なっています。

れいわ新選組は右派ではなく、左派と言われているようですが、左派の中のどの党派に該当するのか気になりますね。

今回は、れいわ新選組は革マル派なのか中核派なのか、政党の支持率や極等暴力集団との関係を調べてみました。

れいわ新選組は革マル派?中核派?

マロは、政治方面に明るくない為、まずは、革マル派、中核派の特徴をまとめてみました。

革マル派の特徴は?

正式には、「日本革命的共産主義者同盟革命的マルクス主義派」と呼ばれる党派です。

  • 反帝国主義
  • 反スターリン主義
  • 労働者団結

を基本ポリシーとしています。

勢力は約5500人で、JRの労働組合・東日本旅客鉄道労働組合、全日本鉄道労働組合総連合会は革マル派が浸透しており、勢力拡大繋げているようです。

直近では、現安倍政権に反対の意を示しており、憲法改正や日米各軍事同盟の強化、消費税増税に反対しています。

以前は、思想実現の為に暴力事件などを起こしていましたが、現在は、目立った活動は行われていないようです。

思想や理論を広げることに力を入れており、『解放』や『新世紀』という機関紙を定期的に発行しています。

中核派の特徴は?

正式には、「革命的共産主義者同盟」と呼ばれる党派で、勢力は4700人程と言われているそうです。

  • 反帝国主義
  • 反スターリン主義

をポリシーとしていて革マル派と同じようですが、革マル派よりも過激な活動をしていると言われています。

平成2年、「90年天皇決戦」を主張して、その年に124件 の「テロ、ゲリラ」事件を敢行したとも言われています。

しかし、現在では、中核派内でも暴力ではなく労働活動で思想を実現しようとしている者もいて、組織内分裂もあるようです。

とはいうものの、国鉄闘争を基軸に、反原発闘争等を中心とした闘争を継続しており、2019年7月5日は法務省に向けたデモ活動を行なっています。

れいわ新選組はどっち派?

公式にはどちらに属しているかの明記はなかったので、れいわ新選組に賛同している人や反対している人の意見を集めてみました。

中核派だとおっしゃっている方が多いようです。

れいわ新選組の支持率は?

7/12、13の全国電話世論調査によると、比例投票先でのれいわ新選組の支持率は1.1%となっています。

ちなみにNHKの世論調査では、れいわ新選組の名前はなかったようです。

出典:NHK

記事前投票に行かれ、NHKの出口調査を受けた方は、れいわ新選組を選べなかったとおっしゃており、NHKが印象操作をしているようにも見えます。

どの政党を支持するかの調査をするのであれば、全政党を選べるようにするべきでは?と思います。

寄付金状況やれいわ新選組の評判はこちらの記事をお読みください。

れいわ新選組は胡散臭いけど人気?公約や政策と寄付金は現在いくら?こんにちは。マロです。 ※7/23 寄付金情報更新しました 山本太郎さん率いる政党・れいわ新撰組ですが、候補者の発表を機に、...

れいわ新選組と極左暴力集団との関係は?

極左暴力集団の中核派が山本太郎さんを支援していると言われています。

極左暴力集団とは、「社会主義革命・共産主義革命を目指し、平和な民主主義社会を暴力で破壊することを企てている集団」と警視庁で定義しています。

主に、革マル派、中核派、革労協があると言われて、テロ集団扱いされている場合もあります。

れいわ新選組は、中核派では?と言われているようですが、山本太郎さんが中核派の反原発組織のNAZENの呼びかけ人なのだそう。

中核派全学連の前委員長、織田陽介さんとも仲良くされているようで、中核派と交流があるようです。

そのため、れいわ新選組が政界入りすることがあれば、極左暴力集団がれいわ新選組を通じて、国政介入するのでは?と危惧している方もいらっしゃるようです。

れいわ新選組の衆院選の候補者を予想してみたので、こちらもご覧ください。

衆議院選挙2019れいわ新選組の候補者は誰?山本太郎は出馬する?皆さん、こんにちは。マロです。 れいわ新選組の当選者は、木村英子さんと船後靖彦さんの2名で、代表の山本太郎さんは落選してしまいまし...

まとめ

れいわ新選組は革マル派なのか中核派なのか、政党の支持率や極等暴力集団との関係を調べてきましたがいかがでしたか?

本記事が、政党選びに少しでもお役に立てば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。